アフィリエイト

ライティング初心者から上級者になるまでの過程【問題点も教えます】

ブロガーやアフィリエイターの方はとにかく記事を書きまくっています。

私自身もアフィリエイト歴2年(本記事執筆時点)で、毎月150万円ほどの確定収益があります。アフィリエイトで稼ぐことができるようになるまでは、例に漏れず毎日ガリガリ記事をライティングしていました。

毎日記事を執筆しているとライティングスキルの向上を実感できます。

今回は「ライティング初心者→中級者→上級者」の過程でほとんどの人が通過するであろう共通点を見つけましたので紹介します。

ワンランクあがるためのちょっとしたアドバイスも書いていますのでお見逃しなく。

ライティング初心者から上級者になるまでの過程

初心者:文章を目で読む
中級者:装飾にこだわる
上級者:無駄な文章は全部省く

詳しく解説していきます。

初心者は目で読む

まずライティング初心者ですが、文章校正が頭に入っておらず、「起承転結」ができていないため文章がつぎはぎになります。

【解決策】とにかく本を読むことで自然と起承転結ができるようになります。

また初心者の方は「、」「。」の使い方も出来ていません。

「、」「。」がうまく使えないことで読み手に違和感を与える文章になります。以下は実際にライティング経験の少ない方に書いてもらったレビュー記事のリード文です。

〇〇を基礎から学ぶために○○を始めました。私は完全な初心者からスタートしました。それでも自信を持って△△(職業)だと言えるようになったのは、○○のおかげです。充実したカリキュラムで△△(職業)として、私は急成長できたのです。ここでは○○のレビューを紹介していきます。

見ている方に違和感与えますよね。これはリード文ですのでこの部分だけで離脱する可能性が高いです。

こうした文章になる理由は、最終チェックの段階で「文章を目で読むため」です。

目で読む?意味わかんない

文章を目で追うだけでは文章の違和感を見つけることができません。なぜなら文章自体は成り立っているからです。

頭で読む(声に出して読む)と読みにくい文章であることに気づきます。

初心者の方はまずは声に出して自分のライティングした文章を読んでみましょう。

中級者は装飾にこだわる

ライティング中級者になると、長文を書けるようになりますが、その分余計な文章が入りがちです。

例えば以下のような状態

  • 同じことを繰り返す
  • 吹き出しを多用する

長文にするために何度も同じことを繰り返すのは、ユーザーの離脱に繋がりますし、「読み手に有益な情報を与える」という観点から見ても行わないほうが良いです。

「繰り返しになりますが・・○○は□□です。」

といった文章を書いている方は繰り返す必要があるのか見直すことをおすすめします。

吹き出しや装飾の多用する(wordpressユーザー)

ライティング中級者に特に顕著にみられるのが装飾の多用です。(特に吹き出し)

さっそく詳しく見ていきましょう!
大切だから絶対に覚えましょう!

個人的には吹き出しは好きですし、うまく活用すれば読みやすい記事構成になりますが、意味のない装飾を行うと余計な情報が多いと判断されます。→そして離脱

不必要な文章や吹き出しは削除することで、読み手もすんなり読んでくれるようになります。

もう一点中級者(初心者にも通じます)の文章に見られがちなのが、「言い切らない」ということです。

「○○だと思います。」「○○ということだと考えられます」といった文章です。

これでは読み手に与える説得力に欠けます。思い切って「〇〇です。」と言い切りましょう。

上級者は無駄な文章をそぎ落とす

ライティング上級者になると、中級者で頻繁に利用していた「吹き出し(装飾)」「余計な文章」はそぎ落とされます。

記事タイトルに沿った「必要な情報しか書かない・与えない」ので離脱率や直帰率はかなり低いです。(満足度も高くなり、回遊率も上がります。)

実際に私も自分の運営しているメディアで文章のそぎ落としをしたら、PVが上がりました。

上級者の文章は本当にスッキリしています。

私が参考にしているブログは以下の2名です。

お二方とも余計な文章や装飾が一切ないです。記事タイトルに沿った記事を淡々とライティングしている印象です。

2人とも年収3000万円以上ということを考えると、ライティング上級者の文章はシンプルになっていくのだと思います。

具体的な文章のそぎ落とし(リライト)

余計な文章をそぎ落とす、結構難しいですよね。

例えば本記事のリード文。

最初は以下のような文章だったのですが、リライトしてスッキリさせました。

【リライト前】

毎日ライティングしていると自分のライティングスキルが向上していることを実感できるのですが、そんななかでライティング初心者→ライティング中級者→ライティング上級者の過程でほとんどの人が通過するであろう過程を見つけましたの紹介します。(115文字)

【リライト後】

毎日記事を執筆しているとライティングスキルの向上を実感できます。

今回は「ライティング初心者→中級者→上級者」の過程でほとんどの人が通過するであろう共通点を見つけましたの紹介します。(96文字)

読み手に与える意味は一緒ですが、リライト後のほうが余計な文章が見やすくてすっきりしています。

目で見ているだけでは気づきにくい部分です。しっかりと頭の中で読みましょう。

ライティングスキルの向上過程はファッションに似ている

ライティングスキルの向上過程はファッションに似ていると思います。

どういうことか、表を見ていただけば、「あーなるほど」と納得していただけると思います。

ライティング ファッション
初心者 起承転結ができていない お母さんに買ってもらった服
中級者 装飾が多くなる 無題にアクセサリーをつける
派手なファッションを好む
上級者 シンプル シック・シンプル
いいものをサラッと着こなす

↑上記のような感覚です。

ファッションに興味を持っていない人がお洒落をしだすと、派手でじゃらじゃらアクセサリーで装飾します。

しかしだんだんと落ち着いてきて、最終的には「UNIQLO」×「ジーンズ」に落ち着く←(だけどめちゃくちゃシンプルでカッコいい)

サッカーの三浦知良さんや中田英寿さんも派手なファッションで注目を浴びていましたが、最終的にはシックになっています。

2人の対談では実際に以下のような会話がされています。

三浦知良さん
三浦知良さん
いろんなモードをしてクラシックになったんじゃない?シンプルになってきたね
中田英寿さん
中田英寿さん
なってくる・・わかりますよ、その気持ちが

この対談をしているときの2人もかなりシックです。極めた人は違いますね。

ライティング上級者を目指すためには

初心者→中級者→上級者は誰しもが通る道です。

ライティングは文章をとにかく書くことで上達していきます。

上級者を目指すのであれば

  • 毎日コツコツ記事を毎日書く
  • トップブロガーの記事を毎日見る

ポイントは「毎日」です。

これだけでもかなり結果は変わってきます。

ライティングスキルは今の時代かなり強い武器です。今の自分のレベルと課題を再認識してさらに上を目指しましょう。(オシャレ番長になりましょう。)

偉そうなこと書きましたが、わたしもまだまだ勉強中です。申し訳ありません。